チャンピックスって禁煙できるの?

喫煙者にとって、最近のたばこ事情はかなり悪いものとなってきています。
タバコを吸えるところも少なくなっており、値段もかなり値上がっています。
そこで、禁煙を始めると思うのですが、中々できないのが現状です。
ニコチンパッチやニコチンガムを試したけど全然ダメという方も多いです。
そこで、今現在、禁煙外来などで処方してもらえる禁煙補助薬のチャンピックスの登場です。
この治療薬ですが、禁煙するためのもので初めてニコチンが含まないものが開発されたのです。
禁煙できない理由として一番に挙げられるのは、ニコチン依存症です。
ニコチンを摂取することで、脳でドーパミンを放出させ、幸福感を感じ、もう一度その幸福感を味わいたいと思うのです。
そして、またタバコを吸ってニコチンを摂取し、段々と辞められなくなってしまうのです。
チャンピックスですが、服用することにより、脳にあるニコチン受容体へニコチンよりも早く結びつきます。
そして少量のドーパミンを放出させてくれます。
服用を続けることにより、段々とたばこを吸いたいと思う気持ちが少なくなっていくわけです。
使用方法ですがトータルで12週間服用します。
必ず服用は続けましょう。
途中で自分は大丈夫だと思っても、決して自己判断で中止するのはやめましょう。
せっかくの効果が期待できなくなってしまいます。
ただ、明らかに重大な副作用が出た場合は即効で中止し、医師に相談しましょう。
12週間服用するのですが、最初の1週間はたばこを吸っても大丈夫です。
急にやめると離脱症状が出てしまいますので、危険なため1週間は吸って大丈夫です。
そして8日目には本格的に禁煙を始めましょう。
1週間くらいで、早い人は少しタバコを吸いたいという気持ちが無くなってるかもしれません。
ニコチンパッチなどを試したけど全然禁煙できなかった人も、この禁煙補助剤で禁煙できたという人がほとんどです。
禁煙外来はニコチン依存症の末期の方などが多いです。
そのほとんどの方が何かしら効果があったと報告されていますので、その作用の高さは期待できます。
病院で処方してもらう場合、条件に当てはまれば保険が適用されます。
ただし、12週間分だけ適用されますので、それ以上に使用したい方などは、保険適用外となります。
最近では海外から個人輸入などで購入できます。
個人輸入代行サイトを利用する場合は、正規品を販売している、安心なサイトを見つけ購入することをお勧めします。